会社設立に必要なこと

新しい会社を設立しようとするとき、新しい事業を興そうとするとき、確実なビジョンは持っているのですが、様々なことがその障害となります。まず最初に直面するのは、やはり会社を実際に設立するさいの手続きです。当然ですが、私達はどこか事務所を借りて、看板を付けて、「さて会社が設立できた」ということで会社は設立できません。きちんとそこが一つの『会社であること』を認められなければならないのです。いわゆる、「法人」としての立場です。そもそも、会社を設立しようと思ったら、何が必要なのでしょうか。どのような書類を用意する必要があるのでしょうか。基本的には、そこが一つの法人として認められるために、『定款』を作る必要があり、会社として『登記』する必要があります。定款を作るだけで、(紙の定款の場合)およそ9万円、また法人として登記するためには、免許税などが必要ですから、15万円以上は掛かります。それら全てが最低限、会社設立するために必要となる費用となります。

それらの費用が最低限必要になるほかに、いろいろな手続きを行わなければならないことを考えると、予想以上に大変な仕事であることが分かります。しかし今では、それらの大部分を代行してくれるようなサービスもあります。それを用いるなら、コスト削減にも、時短にもなります。ミスによって時間が割かれることも避けられます。会社設立を予定している方はそういったサービスも利用できるかもしれません。