「未分類」カテゴリーアーカイブ

コストを最大限削減する

最近は新しい分野での企業も増え、誰も気がつかないような分野で将来性を見いだした新興企業が成功したりと、様々な会社としての可能性を追求できるチャンスも増えています。もちろん、会社を設立しなくても、個人事業として行っていくこともできます。しかしそれでは様々なことで不便がでたり、取引の際の信頼などは、やはり会社として設立されていることがとても有利に働きます。税金は掛かりますが、本格的に事業を興していく時は、会社の設立の仕方、またはそれに伴うコスト等も考えることが、必要になります。その際に、どのようなサービスを利用することが出来るか、また、どうすれば設立時、設立後のコストを最小限にまで抑えることが出来るか、という点を考えることができます。

インターネットの社会になり、どこからでも仕事が行えるようになりました。それをもちいたビジネスチャンスも広がり、利益を上げられるようになりました。会社設立に関しては、勿論見切り発車をして良いものではありません。しかし、確実なビジョンと資金を持っているなら、会社設立によって得られるメリットも大きくなります。そういった際に税理士を雇えば、会計作業を円滑化することができます。

税理士に相談するメリット

まず、第一段階として無事会社が設立できたとして、本当に大変なのはそこからである、と言えます。その段階からすぐに会社としての機能を果たしていかなければならないのですから、やることは非常に多くあります。特にトラブルが起きやすいのは、設立後のお金の問題です。さて、私達個人と同様、会社という単位でも、いわゆる『税金』を収める義務があります。そのため、というだけではありませんが、会社では会計を設け、きちんと帳簿として記録して、会社の入出力を管理する必要があります。

さて、いわゆる会社としての税金を払っているかどうかは税務署や市町村等に届け出をしなければならないのですが、もしそこできちんと会計が管理されていないと、さらに多くの課税がされたり、いろいろ面倒なことになります。ですから、そういった事柄を避けるために、『税理士』を雇うことによって、会計に関わることを全て委託できるため、会社本来の業務に専念することができ、時短にもなります。確かに税理士を雇うにはお金が掛かります。しかしそのコストは、税理士を雇わずに、全て自分で行った時にかかる時間や、労力、コスト、それに正確性などを考えたら、充分元が取れると言えるでしょう。

会社設立に必要なこと

新しい会社を設立しようとするとき、新しい事業を興そうとするとき、確実なビジョンは持っているのですが、様々なことがその障害となります。まず最初に直面するのは、やはり会社を実際に設立するさいの手続きです。当然ですが、私達はどこか事務所を借りて、看板を付けて、「さて会社が設立できた」ということで会社は設立できません。きちんとそこが一つの『会社であること』を認められなければならないのです。いわゆる、「法人」としての立場です。そもそも、会社を設立しようと思ったら、何が必要なのでしょうか。どのような書類を用意する必要があるのでしょうか。基本的には、そこが一つの法人として認められるために、『定款』を作る必要があり、会社として『登記』する必要があります。定款を作るだけで、(紙の定款の場合)およそ9万円、また法人として登記するためには、免許税などが必要ですから、15万円以上は掛かります。それら全てが最低限、会社設立するために必要となる費用となります。

それらの費用が最低限必要になるほかに、いろいろな手続きを行わなければならないことを考えると、予想以上に大変な仕事であることが分かります。しかし今では、それらの大部分を代行してくれるようなサービスもあります。それを用いるなら、コスト削減にも、時短にもなります。ミスによって時間が割かれることも避けられます。会社設立を予定している方はそういったサービスも利用できるかもしれません。